原子力バックエンド研究
Online ISSN : 2186-7135
Print ISSN : 1884-7579
ISSN-L : 1343-4446
研究論文
放射性廃棄物処分におけるセメント系材料のバリア機能評価について
広永 道彦
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 4 巻 1 号 p. 29-38

詳細
抄録

  放射性廃棄物におけるセメント系材料の人工バリアとしての核種閉じ込め機能評価手法を確立するために、筆者はその機能を物理的な核種閉じ込め機能としての止水性能と化学的な核種閉じ込め機能としての吸着性能として捕らえた。
  本報告は、このうち止水性能については、筆者が提案した長期止水性能評価手法の紹介と評価結果の一例について記し、吸着性能についてはセメント組織の化学特性の把握の一環として検討した低pHセメントの特徴を試験結果に基づいて纏めたものである。

著者関連情報
© 1997 一般社団法人日本原子力学会 バックエンド部会
前の記事 次の記事
feedback
Top