労働安全衛生研究
Online ISSN : 1883-678X
Print ISSN : 1882-6822
ISSN-L : 1882-6822
研究紹介
長時間作業時の血行動態反応の個人差
劉 欣欣池田 大樹小山 冬樹脇坂 佳子高橋 正也
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 11 巻 1 号 p. 47-50

詳細
抄録

長時間労働は様々な心身不調と関連し,特に脳・心臓疾患の発症リスクを増大させることが知られている.国内では,過重労働(特に長時間労働)によって脳・心臓疾患を発症したとする労災認定件数,いわゆる過労死等の認定件数は年間250件から300件程度で推移し,明らかな減少傾向は認められていない1).長時間労働による心血管系負担の軽減策を検討・提案することは,労働者の健康維持,さらには過労死の予防に極めて重要である.本研究では,長時間労働を模した実験室での被験者実験により,血圧を維持するための心臓と血管系の反応(背景血行動態反応)について検討した.本稿では,その実験結果の一部である血行動態反応の個人差について紹介し,心血管系負担の軽減策を検討するための資料提供を目的とした.

著者関連情報
© 2018 独立行政法人労働安全衛生総合研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top