作業療法
Online ISSN : 2434-4419
Print ISSN : 0289-4920
原著論文
前傾および前方移動の機構を備えた座面がリーチ動作に与える影響
─運動学的特徴を中心に─
中谷 優太中村 裕二梅田 信吾中島 そのみ仙石 泰仁
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 40 巻 3 号 p. 291-299

詳細
抄録

座面の前傾および前方移動機構が健常成人におけるリーチ動作時の運動学的特徴に与える影響について二次元動作解析と筋電図から検討を行った.運動学的指標として,前方リーチ課題を行った際の角度変化量と筋活動を使用し,筋活動はリーチ課題の全体,前半と後半に分割し算出した.座面が後傾した後傾固定条件,前傾かつ前方移動する可動条件とした結果,体幹前傾角度と上部体幹回旋角度は可動条件の変化量が有意に小さく,リーチの前半では左外腹斜筋が,後半では左脊柱起立筋の活動が可動条件で有意に小さかった.前傾および前方移動する座面は,健常成人の身体運動を補助し,体幹の移動距離と筋力が少なくリーチ動作を行えることに寄与する可能性が示された.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人日本作業療法士協会
前の記事 次の記事
feedback
Top