都市計画論文集
Online ISSN : 2185-0593
Print ISSN : 0916-0647
ISSN-L : 0916-0647
空間的相互作用モデルとの矛盾およびパラメータ推定の実行に伴う問題を解消する時空間アクセシビリティ指標
増山 篤
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 53 巻 3 号 p. 1427-1434

詳細
抄録

アクセシビリティ指標は、交通・土地利用を評価する上で重要である。個人の時間的制約はアクセシビリティを規定する大きな要因であることから、先行研究において、さまざまな時空間アクセシビリティ指標(STAM)が提案されてきた。しかしながら、それらはいずれも改善の余地を残している。まず、多くのSTAMは、理論的基盤を欠いている。ロジットモデルの枠組みを理論的基礎とし、アクセシビリティ指標の公理を満たすようなSTAMの提案はあるものの、そのSTAMは空間的相互作用モデルと矛盾し、パラメータ推定が容易ではない。こうした先行研究の限界に鑑み、本稿では、先行研究で提案されたSTAMの持つ理論的に好ましい性質を引き継ぎつつ、空間的相互作用モデルと矛盾することなく、かつ、パラメータ推定が容易なSTAMを定式化する。また、このSTAMを、大学生の買い物行動を題材とするケーススタディに用い、その結果から、その妥当性を示す。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本都市計画学会
前の記事 次の記事
feedback
Top