舗装工学論文集
Online ISSN : 1884-8176
ISSN-L : 1884-8176
不飽和浸透特性を考慮した透水性舗装の透水性能に関する研究
森石 一志大西 有三西山 哲矢野 隆夫小関 裕二
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 13 巻 p. 63-70

詳細
抄録

現在, 透水性舗装の設計方法における透水設計は, 適用箇所に応じて要求される透水能力を満足するように, 使用する舗装材料と舗装厚を試算し, 構造設計で求められる構造と比較して決定されるが, その際の透水性能は飽和透水係数で評価している. しかし透水性舗装において, 雨水は舗装体内部が不飽和の状態で浸透していくことから, 不飽和透水係数などの浸透特性を把握する必要がある. よって本論文では, 透水性舗装を構成するアスファルト混合物層, 路盤層および路床の不飽和浸透特性を実験的に求め, さらに, この不飽和浸透特性が透水性舗装の機能にどのような影響を与えるのかを検証した.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top