環境技術
Online ISSN : 1882-8590
Print ISSN : 0388-9459
報告
セメント系不溶化剤による自然由来汚染土壌のヒ素溶出抑制
澤井 光池崎 真花田 慎齋藤 誠水谷 聡長谷川 浩
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 47 巻 5 号 p. 273-277

詳細
抄録

 本研究では,ヒ素の不溶化効果を有するカルシウム塩や鉄塩を含むセメント系の不溶化剤を調製し,中国地方で発生した自然由来汚染土壌のヒ素溶出抑制に適用した.不溶化剤と土壌を混合することでヒ素溶出に対する抑制効果が認められたが,一方で不溶化剤の希釈に用いたセメントの添加量が少量であるとヒ酸イオンの溶出が増加する場合があった.最適な添加量のもとでセメント,不溶化剤と土壌を混合し,少なくとも1時間の養生を行うことで,土壌のヒ素溶出量は基準値以下となった.

著者関連情報
© 2018 環境技術学会
前の記事
feedback
Top