日本生物学的精神医学会誌
Online ISSN : 2186-6465
Print ISSN : 2186-6619
緑茶成分テアニンの向精神作用について
功刀 浩太田 深秀若林 千里秀瀬 真輔小澤 隼人大久保 勉
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 27 巻 4 号 p. 177-181

詳細
抄録

近年,緑茶の飲用頻度が高いとうつ病など精神疾患のリスクが低いことが指摘されている。緑茶特有の成分であるテアニン(L-theanine:N-ethyl-L-glutamine)は,グルタミン酸に類似したアミノ酸で,リラックス効果があることが知られていた。筆者らは動物実験により,テアニンはprepulse inhibition[PPI]で評価した感覚運動ゲイティング障害を改善する効果があるほか,持続的投与では強制水泳テストの無動時間を減少させ,海馬での脳由来神経因子の発現を高めるなど抗うつ様効果も認める結果を得た。健常者を対象にテアニン(200mgまたは400mg)を単回投与するとPPIが上昇することを見いだした。慢性統合失調症患者に8週間投与したところ,陽性症状や睡眠を改善する効果がみられた。大うつ病患者に対する8週間のオープン試験では,うつ症状,不安症状,睡眠症状に加えて認知機能の改善が観察された。以上から,テアニンは多彩な向精神作用をもち,統合失調症やうつ病といった精神疾患に対して有用である可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2016 日本生物学的精神医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top