土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
ISSN-L : 2185-4661
応用力学論文集Vol.20(特集)
Nitsche法を用いたシェル要素とソリッド要素の接合
山本 剛大山田 貴博松井 和己
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_177-I_187

詳細
抄録

複雑な3次元構造物に対する有限要素解析において,シェル要素とソリッド要素を適切に接続することにより,低コストで高精度な数値計算を実現する手法について検討する.異種要素を接続する手法として提案されている多点拘束法やPenalty法による手法では,接続境界において変位の連続性のみが考慮されており,接続境界近傍でのソリッド要素に不自然な変形状態が生じる.本研究では,接続境界での応力ベクトルの連続性を考慮できるNitsche法を適用することで,シェル要素とソリッド要素を適切に接続する手法を提案する.本手法では,シェル要素とソリッド要素で評価される応力分布から接続境界の応力状態を表現することで,接続境界近傍において自然な変形および応力分布を示すモデル化が実現できる.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top