土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
ISSN-L : 2185-4661
応用力学論文集Vol.20(特集)
2次元散乱波動場におけるトポロジー導関数を用いた様々なクラックの決定解析
服部 潤也吉川 仁
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_255-I_262

詳細
抄録

2次元散乱波動場におけるトポロジー導関数を用いたクラック決定問題を考える.超音波非破壊評価への応用を意識し,内部にクラックを持つ領域の表面で計測が行われたと仮定し,複数個のクラックの配置での数値解と計測データの差からなるコスト関数を導入し,コスト関数を最小とする複数個のクラック配置を決定する.クラックの個数の決定にはトポロジー導関数を導入する.トポロジー導関数を用いた決定解析により,枝分かれクラックや,先見情報の少ない複数クラックの配置を決定した.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top