土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
ISSN-L : 2185-4661
応用力学論文集Vol.20(特集)
浅水長波方程式を用いた有限被覆法に基づく構造流体連成解析
高瀬 慎介山口 裕矢森口 周二寺田 賢二郎野島 和也櫻庭 雅明
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_305-I_312

詳細
抄録

本論文では,浅水長波方程式を用いた漂流物と流体の相互連成作用を考慮した有限被覆法に基づく連成解析手法の構築を行う.具体的には,漂流物を投影しモデル化された境界線と流体との接触界面を有限被覆法により表現することにより,漂流物の移動・水位の不連続面を流体領域に反映した解析を行う.また,漂流物は剛体モデルと仮定し,並進・回転・接触の計算は,個別要素法を用いた剛体要素モデルを用いて解析を行い,漂流物に作用する流体力を用いて剛体運動の計算を行う.本論文では,数値解析例を通して,本手法を用いた相互連成について基礎的検証を行う.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top