土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
特集『土木工学分野における流体力学研究のパースペクティブ』
直立性植生域内の流速鉛直分布に底面粗度が及ぼす影響の実験的検討
溝口 敦子
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 1 号 p. 38-50

詳細
抄録

 近年用いられている植生水理を取り込んだ平面二次元河床変動解析は,植生域内での土砂堆積量の再現精度が良いとは言い難い.本研究では,平面二次元解析における植生域内での土砂輸送に関わる摩擦速度の見積もりが過小である可能性に着目し,PIVを用いて剛な植生モデルを配置した植生域内の流速分布を底面付近を中心に調べた.これにより,植生域内では,植生による抵抗力に流速が支配される上層領域が発達する程度の水深以上であれば,水深によらず底面の流速分布が決まること,底面流速は植生域内の固有流速と底面の粗度によって決まることなどを示した.さらに,本実験の条件では,摩擦速度は底面粗度境界層厚により決定できることを示し,境界層厚の算定に課題は残るものの植生域内の流砂量評価に有益な知見を得ることができた.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top