土木学会論文集H(教育)
Online ISSN : 1884-7781
和文論文
公共政策を巡るドミナント・ストーリーの中学校公民教科書における記述内容の検証
田中 皓介神田 佑亮藤井 聡
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 1 号 p. 39-57

詳細
抄録

 現在および将来の日本のために行われる公共事業をはじめとした公共政策を,適切に計画・実施するためには,社会についての適正な現状認識が不可欠である.一方で,政策決定に大きな影響力をもつ国民世論は,教育の影響を受けることが想定される.そのため,適切な事業の円滑な実施に向け,教育の現状を明らかにすることに意義があろう.そうした認識のもと本研究では,日本の現状を巡る認識について,現代社会についての見方や考え方の基礎を養うことを目的とする中学校公民の教科書を対象に,関連する記述を網羅的に抽出し,既存の文献を参考にしつつ,その内容について考察を行った.分析の結果,公共事業に関し,直接的に印象的かつネガティブな内容が掲載されている点,財政についての知識教育が現実と乖離している点などの問題が明らかとなった.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top