土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
和文論文
デカンタ型遠心分離機による土壌微細粒分の分級
毛利 光男設樂 和彦石鍋 誠一田中 仁志
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 3 号 p. 142-151

詳細
抄録

 本研究は,デカンタ型遠心分離機による微細粒分の分級の実態と操作因子(RCF, feedのDS, feed体積流量)が分級性能,特に50%分級径とUFへの質量回収率に与える影響を詳細に把握することを目的とした.Qfeed/Σ, すなわちfeed流量を遠心沈降分離面積Σで割った値に対して質量回収率EUFの値は直線的に減少すること,Qfeed/Σに対して50%分級径D50Cの値は直線的に増加すること,EUF値はD50Cに対して直線的に減少することが判明した.D50C近傍の細粒分を多く含む土壌では,EUF値のバラツキが大きかった.実験から得られたD50Cの値は自由沈降を仮定した遠心沈降の理論値と大きく異なった.土壌微細粒分の遠心沈降では,(a)干渉沈降の影響を大きく受けること,(b)微細な粒子が球形と異なる形状であること等が推察された.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top