土木学会論文集B1(水工学)
Online ISSN : 2185-467X
ISSN-L : 2185-467X
和文報告
佐渡島大倉川源流部の林地流域と草地流域における流出特性と渓流水質
斎藤 健志渡部 直喜川邉 洋
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 76 巻 1 号 p. 1-9

詳細
抄録

 佐渡島の植生が異なる隣接した林地・草地流域で,降水量と流出量の観測,渓流水採取と水質分析を行い,二流域の流出・水質特性を明らかにした.流出特性として,林地の降雨に対する応答性は,草地に比べて緩やかであり,ピーク時の流出量も低く,降雨後の流出量逓減もより緩慢であった.流出量と主要溶存イオン濃度の関係は,両流域でCa2+やMg2+,Na+,HCO3-濃度に加え,EC(電気伝導度)が流出量の増加に伴い,減少する傾向が確認された.水質成分の流出量増加に伴う濃度減少の大きさは,草地に比較し,林地で明らかに小さかった.このことは,草地よりも林地で,降水成分は時間をかけて流出することと整合的であり,林地では,降雨時に基底流出水中に多く含まれるCa2+やMg2+などの水質成分が,草地に比べて希釈効果を受けにくいことが推察された.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top