土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
和文論文
討議理論と公的討論の規範的評価
羽鳥 剛史小林 潔司鄭 蝦榮
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 2 号 p. 101-120

詳細
抄録

 社会基盤整備事業に関わる合意形成を行う上で,パブリック・インボルブメントをはじめとする公的討論が重要な役割を担っている.本研究では,社会基盤整備における公的討議の意義と課題について整理し,社会的意思決定における正統性を様々な討論過程を通じて担保するための理論的枠組みについて考察する.その際,討論システムの概念を導入し,公的討論が特定の公的討論を対象としたミクロ討論,討論システム全体を対象としたマクロ討論で構成されており,パブリック・インボルブメント等が,ミクロ討論とマクロ討論を接合させる役割を果たすことを指摘する.その上で,討論システムを構成する公的討論の基本原理や望ましい討論を実現するための課題や問題点,討論の望ましさを評価するための基本的な考え方について考察する.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top