土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第30巻(特集)
地方都市圏におけるモビリティ・マネジメント施策の継続効果の分析
尾高 慎二神田 佑亮西ノ原 真志飯野 公央谷口 守
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 5 号 p. I_753-I_760

詳細
抄録

松江都市圏では,平成19年度から職場モビリティ・マネジメント(MM)を5年間継続的に実施してきている.また,平成21年度からは市民全体の取り組みとして「ノーマイカーウィーク」へと発展させてMMを展開している.本稿では,職場MMの継続効果として,交通現象面へ与える集計的効果,「まつエコ宣言(職場交通プラン)」策定による意識・行動変容に与える効果,取り組みの継続・定着状況によるまちづくり意識へ及ぼす効果の3つの観点から職場MMの継続実施効果を明らかとするものである.これらの結果,ノーマイカーウィーク実施中のみならず,通常時の交通量も減少すること,まつエコ宣言によりノーマイカーへの取り組みが活性化されること,取り組みの継続意向の高さや定着により,まちづくり意識に影響があることを示唆している.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top