土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
和文論文
社会基盤施設の多元的劣化過程モデル
水谷 大二郎小濱 健吾貝戸 清之小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 1 号 p. 34-51

詳細
抄録

 社会基盤施設の劣化状態は,複数の劣化事象に着目して多元的に評価される.さらに,複数の劣化事象の間には相互作用が存在する可能性がある.本研究では,複数の劣化事象間の相関関係を考慮した社会基盤施設の多元的劣化過程モデルを提案する.具体的には,個別劣化事象の進展過程を異質性パラメータを導入した混合マルコフ劣化ハザードモデルを用いて記述する.さらに,個別劣化事象の劣化速度の異質性をガンマ分布により表現するとともに,劣化事象間の異質性相関構造をアルキメディアン・コピュラを用いて表現した多元的劣化過程モデルとそのベイズ推定の方法論を提案する.最後に,高速道路のジョイント部材に対する実点検データを用いた適用事例を通して本研究で提案する手法の有用性について考察する.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top