土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
特集(土木計画学における空間的応用一般均衡分析 -現在の到達点- )
応用一般均衡モデルにおける貨物輸送費のモデル化に関する考察
瀬木 俊輔山崎 雅人石倉 智樹小池 淳司
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 76 巻 2 号 p. 72-90

詳細
抄録

 応用一般均衡モデルは,交通インフラ整備による貨物輸送費削減の経済効果を分析する際の手段として広く利用されている.応用一般均衡モデルをこのような政策評価に利用する際には,入手可能なデータが限られる中で,貨物輸送費をどのようにモデル化すべきかが問題となる.本研究では,代表的な輸送費モデルとして,1) 氷塊輸送モデルと 2) 輸送部門モデルの2つを取り上げる.本研究は,各モデルの仮定が輸送費削減の経済効果の分析結果にもたらすバイアスの性質を,解析的な分析と数値的な分析を用いて明らかにする.さらに,バイアスを軽減するための,適切な輸送費のモデル化や分析手法について考察する.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top