土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.30
混成堤ケーソン港内側に作用する越流津波による波力と転倒防止策に関する研究
中村 友昭峯浦 亮澤 祐太朗水谷 法美小竹 康夫
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 2 号 p. I_492-I_497

詳細
抄録

 津波越流時に混成堤ケーソンの港内側の面に作用する波力の特性と,津波の越流によるケーソンの転倒を防止する対策の効果を現地スケールの数値解析により考究した.その結果,ケーソンの港内側の面に作用する波力は,港内の水位変動から静水圧を仮定して求めた波力に対して低減する現象がみられ,その低減率は相対越流水深の増加とともに上昇する傾向を確認した.また,この傾向に与えるマウンドの透水性の影響がみられたことから,波力を検討する際におけるマウンドの透水性の重要性を示した.さらに,ケーソンの転倒防止効果を有する上部コンクリートの港内側の形状があることを確認した.このとき,潮位の影響も考慮して発生する渦の規模を非常に小さく抑えられるような形状とすることで,ケーソンの転倒を防げる粘り強い構造となる可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top