土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.30
防波堤を越流する津波の水理特性に関する実験的研究
宮田 正史小竹 康夫竹信 正寛中村 友昭水谷 法美浅井 茂樹
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 2 号 p. I_504-I_509

詳細
抄録

 今後の防波堤の耐津波設計の高度化に資する汎用データの蓄積を目的として,防波堤ケーソンを津波が越流する際の水理特性を把握するための水理模型実験を実施した.本実験では,ケーソンの基本諸元,パラペットの有無,防波堤の前面および背面の水位などの諸条件を幅広く変化させた.実験の結果から,ケーソン前面と背面に作用する津波波力の特性を明らかにした.特に,ケーソン背面に作用する水平力は,ケーソン前背面の水位差が大きくなると,防波堤下流の水位に対応した静水圧に比較して,大きく低減することを明らかにした.また,実験結果に基づき,ケーソンを越流した水脈がケーソン背面から飛び出し,背後水面へ打ち込む際の位置・角度・流速を簡易に推定できる手法を提案するとともに,その推定精度を示した.さらに,推定手法による試算事例も示した.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top