土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.32
日立市河原子海水浴場で進む急激な侵食の実態
宇多 高明大木 康弘三波 俊郎
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_103-I_108

詳細
抄録

 日立市河原子海岸では近年侵食が著しく進み,砂浜が消失して海水浴ができなくなった.本研究では,まず北部の会瀬漁港から河原子港間の長さ約4kmの海岸線を対象に空中写真による汀線変化解析を行った.次に,2015年12月26日には河原子港周辺海岸で侵食状況の踏査を行い,さらに河原子港周辺について1982~2013年に取得された深浅測量データを基にした地形変化解析を行った.侵食原因には,北部の会瀬漁港での離岸堤背後の遮蔽域へと砂が運び去られたこと,また2011年の大地震に伴う地盤沈下が係わると推定された.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top