土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.32
浮遊砂による流体の粘度の変化と一様流および津波による流動場に与える影響に関する研究
中村 友昭鈴木 愛美趙 容桓水谷 法美
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_163-I_168

詳細
抄録

 浮遊砂を含んだ水の粘性係数の測定を行い評価式に含まれるパラメータの同定を行うとともに,その評価式を組み込んだ数値計算モデルを用いて一様流と津波による流動場に与える浮遊砂の影響を考究した.その結果,浮遊砂濃度とせん断応力が与えられれば評価式から粘性係数が推定できることを示した.一様流を対象とした数値解析より,浮遊砂による粘性係数の変化を考慮することでwakeの流速が増大する既往の研究と対応する結果が得られることを確認した.津波を対象とした数値解析より,浮遊砂の影響の考慮の有無で流動場が変化することが判明した.また,準定常的な持続波圧で最大津波力が生じる場合には,浮遊砂による密度と粘性係数をともに考慮することで最大津波力が増加する現象が確認でき,このことから浮遊砂の影響を考慮することの重要性を示した.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top