土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.33
防波堤築造時の浮遊ケーソン動揺量からみた既往の施工限界波浪についての考察
小竹 康夫松村 章子熊谷 裕梅津 順一中村 友昭
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_965-I_970

詳細
抄録

 防波堤の築造は海上工事を伴い,据付前のケーソンや作業船は浮遊状態にあるため,常に波浪の影響を受ける.そのため施工現場では,従来から,作業時の安全性や施工精度の確保を目的として,予め施工限界波浪を設定し,作業予定日当日の波浪予測に基づいて,作業実施の可否を判断してきた.ただしこれら施工限界の波浪条件は,一般的には過去の実績や作業員の経験に基づき設定されることが多く,ケーソンや作業船の動揺状態を定量的に整理した知見は限られる.そこで本研究では,施工時に施工限界波浪を簡易かつ定量的に設定することを目的とした数値解析を,浮遊状態のケーソンを対象に実施している.そして,施工限界波浪設定の簡易図表作成方法を提案し,短周期側ではswayあるいはroll,長周期側ではheaveあるいはrollにより施工限界が規定されることを明らかとした.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top