土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.34
UAVを用いた希少生物海浜性昆虫ルイスハンミョウの生息環境モニタリング手法に関する研究
渡辺 雅子上月 康則辻岡 雅啓矢野 司松島 輝将花住 陽一岡田 直也山中 亮一
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 2 号 p. I_1024-I_1029

詳細
抄録

 本研究では,より簡便な希少種ルイスハンミョウの生息環境モニタリング手法の開発を目的に,無人航空機(UAV)を使った測量方法に着目し,現行方法との測量精度や調査にかかる労力などを比較し,その有用性について評価した結果を報告する.
 UAV測量方法は,高度30 m以下であればルイスハンミョウの生息環境モニタリング手法として,地形測量に使用可能な精度であり,労力や測量時間が大幅に軽減されることが分かった.植生被度の算定に対しては,高度10 mであってもその撮影画像からの解析が難しく課題となった.しかし,高頻度での地形測量が可能となり,ルイスハンミョウの生息地保全や整備方法の検討に役立つと考えられる.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top