土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.34
樹冠部抵抗を考慮した海岸林が防潮堤を越流する津波に与える影響に関する実験的研究
飯村 耕介桑原 雄大池田 裕一髙橋 勇貴
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 2 号 p. I_163-I_168

詳細
抄録

 レベル2津波に対しては,複数の構造物による減勢が非常に重要となる.本研究では,海岸林の樹冠が減災効果に及ぼす影響について着目し,樹冠の有無による防潮堤越流後の流況の変化について定常流下における水理模型実験により検討した.特に防潮堤越流後の複雑な流れを捉えるため,PIVにより面的に流速を測定した.越流の形態により背後の流況は大きく異なり,特に防潮堤と海岸林の距離が近い場合は,防潮堤が低く,流れが上層に集中する潜越流状態では樹冠に速い流れが作用し,作用力・モーメントが大きくなる可能性があり,従来の平均流速を用いた作用力・モーメントの評価では過小評価となる恐れがある.一方で,防潮堤が高く,不完全越流状態になる場合では,下層に流れが集中し,樹冠部の流れが遅くなるため,潜越流とは逆の傾向が見られた.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top