土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.35
UAV-SfM/MVS測量による礫浜海岸の地形変化計測に関する研究
菊 雅美森 勇人中村 友昭水谷 法美
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 75 巻 2 号 p. I_127-I_132

詳細
抄録

 UAV-SfM/MVS測量によって地形変化量を算定するには高精度な3Dモデルの構築が必要となるものの,解析時の設定によって構築されるモデルには差異が生じる.しかし,設定値の選択に一定の見解は得られておらず,作業者の判断に委ねられている.本研究では,礫浜を対象としたUAV-SfM/MVS測量における最適な解析方法を検討するとともに,2年間にわたる観測結果から現地海岸の短期的・長期的な地形変化について波浪情報と併せながら考究した.その結果,写真の撮影位置の推定処理が構築される3Dモデルの精度に影響を及ぼすことを明らかにした.また,現地海岸では,高波高・長周期の波により侵食し,低波高・長周期の波により堆積する短期的な地形変化特性があることを示した.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top