土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.35
津波対策としての混成堤ケーソンの形状の効果に関する研究
中村 友昭Jiyoung KANG趙 容桓水谷 法美
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 75 巻 2 号 p. I_773-I_778

詳細
抄録

 ケーソン本体の形状を台形とL字型に変更する工夫が耐津波安定性に与える影響を,主に通常の矩形ケーソンとの比較の観点から,水理実験と数値計算により検討した.その結果,耐津波安定性は,台形ケーソン,L字型ケーソン,矩形ケーソンの順に高いことを確認した.また,矩形ケーソンの場合,越流した流れの剥離と,その流れがケーソンの岸側に打ち込むことで生じた渦の両者の影響を受けたために,ケーソンの岸側面に作用する圧力の上昇が抑えられていたことが判明した.一方,台形ケーソンの場合,矩形ケーソンのときに見られていた渦の影響は確認できず,ケーソンの岸側面に作用する圧力の上昇が抑えられる効果は矩形ケーソンよりも小さいことが判明した.そのため,耐津波安定性は矩形ケーソンよりも台形ケーソンの方が高くなったことを示した.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top