臨床神経生理学
Online ISSN : 2188-031X
Print ISSN : 1345-7101
ISSN-L : 1345-7101
原著
睡眠時無呼吸の小児における非無呼吸時の睡眠時瞬時心拍数の検討
吉村 歩木部 哲也小池 茂文横地 健治
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 44 巻 3 号 p. 99-105

詳細
抄録

分娩監視装置を用いて瞬時心拍数の変動を計測し, 同時に記録したpolysomnography検査より得られた睡眠段階との関係を検討した。睡眠時無呼吸を主訴に来院した患者のうち, 15分以上持続するN2, N3, REM期の睡眠段階を有した小児10例を検討対象とした。N2とN3は瞬時心拍数変動パターンから区別されず, 両者とも変動性の少ない波形であった。N2・N3の瞬時心拍数変動波形は, 多くは5–15bpmの振幅の基線細変動であり, 最下点曲線の下頂点の心拍数の差は5bpm以内であった。これに対し, REMの瞬時心拍数変動波形は, 変動性の大きい波形であった。基線細変動の同定は不明確であり, 変動幅が15–20bpmで変動周期が10–40秒の大きな長変動がみられた。また, 最下点曲線の下頂点の心拍数は大きく変動し, 5–30 bpmの差がみられた。瞬時心拍数変動波形でN2, N3とREMは区別することが可能であった。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本臨床神経生理学会
次の記事
feedback
Top