日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
原著
デイサービスを利用した高齢腹膜透析患者に対するassisted peritoneal dialysis (assisted PD) の有用性と問題点
岡田 慶子矢部 広樹由元 由美水越 俊博谷本 一美伊藤 裕紀子山下 憲子奥村 ひとみ城 良治井本 裕斗伊藤 沙夜香川原 弘久伊藤 恭彦春日 弘毅
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 52 巻 7 号 p. 433-441

詳細
抄録

本研究の目的はデイサービス (DS) を利用したassisted PDを施行した患者の1年間のPD実施状況と満足度を調査しその有用性を検討することである. 対象は高齢者腹膜透析患者11名のうち, 1年間DSを継続利用した患者8名 (年齢 : 78.5±6.4歳, 性別 : 男性4名, 女性4名, BMI: 22.3±3.2) とした. 透析量, 採血データ, 有害事象の発生, 家族の満足度調査, 医療経済的側面の検討も行った. 観察期間中, 患者の全身状態や透析治療状態は安定しており, 腹膜炎, 有害事象の発生も確認されなかった. Assisted PD患者のみを対象としたDSでは事業所単体での採算性の確保は困難であったが同一法人の一般の利用者向けのDSと合併した後, 採算性が確保された. 医療経済面に課題が残るが, 家族の介護負担感における満足度は高かった. 今後さらにDSを利用したassisted PDの有用性について検討する必要がある.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top