日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
症例報告
Flash glucose monitoringを用いて血糖値管理を行ったCOVID‒19で入院した糖尿病合併維持血液透析患者の3例
向井 佳奈大下 加代山下 和臣水入 苑生重本 憲一郎西澤 欣子土井 俊樹正木 崇生
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 55 巻 4 号 p. 255-264

詳細
抄録

COVID‒19肺炎を伴う糖尿病血液透析患者において,高血糖は重症化や死亡リスクと関連するとされている.Flash glucose monitoring(FGM)は新しい連続的なセンサーによる皮下グルコースモニターである.われわれは3例のCOVID‒19肺炎を伴う糖尿病血液透析入院患者でFGMを経験した.COVID‒19肺炎は全例まずfavipiravirを投与,その後remdesivirとmethylprednisolone(mPSL)に続いてdexamethasoneを投与したが,mPSL開始時から血糖値が悪化しFGMを導入した.患者が発熱,倦怠感,混迷状態でもFGM施行可能であった.FGMは導入が容易で,グルコース値の改善が全例にみられ,スタッフと患者の接触回数も削減できた.COVID‒19合併糖尿病血液透析患者におけるFGMの正確性については今後の検討を要する.

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top