日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
腹膜透析排液中のinterleukin-6, charge selectivity indexおよびperitoneal equilibration testの諸因子の経時的変化に関する研究
渡辺 修一岩永 伸也佐藤 順一石井 健夫古谷 伸之木村 靖夫小林 正之小倉 誠細谷 龍男川口 良人
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 33 巻 1 号 p. 43-48

詳細
抄録

【目的】 腹膜透析を長期に継続した時に, 腹膜の機能変化とパラメータについては明確なものは未だ確立されていない. 今回は, 従来より検討されているperitoneal equilibration test (PET) の諸因子だけではなく, 新たに示された腹膜機能検査の排液中のIL-6値およびcharge selectivity index (CSI) についても, 平均18か月間の経時的変化を測定した.
【対象および方法】 腹膜透析患者30例を対象とし, PET標準法に準じて, 2.5%透析液2Lを4時間腹腔内に貯留し中間点採血し, 排液中のIL-6値および血中 (P) と排液中 (D) のglutamate (Glu), glutamine (Gln), lysine (Lys), creatinine (Cr), β2-microglobulin (β2-MG), albumin (Alb) を測定し, Cr, β2-MG, AlbのD/P比を求め, さらにD/D0 glucose比およびCSI【CSI (Glu): Glu D/P比÷Gln D/P比, CSI (Lys): Lys D/P比÷Gln D/P比】 を算出し, 平均観察期間18か月の経時的変化を求めた.
【結果】 (1) 血清のCr値, β2-MG値およびAlb値に変化はなく, また, β2-MG, AlbのD/P比にも変化はなかった. (2) CrのD/P比, 排液中のIL-6値, CSI (Glu) およびCSI (Lys) は有意に上昇し, D/D0 glucose比は有意に下降した. (3) CrのD/P比, D/D0 glucose比,排液中のIL-6値, CSI (Glu) およびCSI (Lys) の変化率では, 排液中のIL-6値が最も鋭敏に変化した.
【結論】 CrのD/P比, 排液中のIL-6値, CSI (Glu), CSI (Lys) およびD/D0 glucose比は経時的な変化を示した. 以上の指標のなかでも排液中のIL-6値が最も鋭敏に腹膜機能の劣化を反映するものと考えられた.

著者関連情報
© 社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top