日本環境感染学会誌
Online ISSN : 1883-2407
Print ISSN : 1882-532X
原著
療養病床を有する医療機関における薬剤耐性菌および抗菌薬使用の現状,および感染症診療への教育的介入効果
森岡 慎一郎桑江 芙美子大曲 貴夫
著者情報
ジャーナル フリー

32 巻 (2017) 4 号 p. 201-209

詳細
PDFをダウンロード (427K) 発行機関連絡先
抄録

これまでに本邦の療養病床を有する病院での薬剤耐性菌の疫学的検討や感染症診療への介入に関する報告はない.今回,療養病床を有する病院における薬剤耐性菌の現状を報告し,感染症診療への介入による診療の質の推移を評価した.介入内容は,グラム染色検査を活用した院内コンサルテーション,勉強会を通じた集団教育等であり,介入前(2015年4月~9月)と介入後(2016年4月~9月)の抗菌薬使用量,主な微生物の薬剤耐性率,血液培養採取状況等を後方視的に比較検討した.介入前後でcefmetazoleの抗菌薬使用密度は2.2倍に増加,meropenemのそれは30%減少,levofloxacinのそれは46%減少した.大腸菌のキノロン耐性率,大腸菌におけるESBL産生菌の割合は,それぞれ介入前後で71%から65%,68%から68%に推移した.新入院1000人当たりの血液培養採取セット数は,介入前後で281と859であった.当院では大腸菌におけるESBL産生大腸菌の分離頻度が68%と極めて高く,高度に蔓延していた.また,広域抗菌薬使用量が減少したのは,医師数が少なく勉強会で全医師に効率のよい情報共有が可能であったことが原因として挙げられる.加えて,担当医師が自らグラム染色検査を行い原因微生物を推定したことで初療時から狭域抗菌薬が選択された可能性がある.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本環境感染学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

環境感染

feedback
Top