日本臨床救急医学会雑誌
Online ISSN : 2187-9001
Print ISSN : 1345-0581
調査・報告
災害時において使用可能な情報伝達手段としての無線機の検討
米川 力新庄 貴文富永 経一郎伊澤 祥光阿野 正樹山下 圭輔鈴川 正之
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 16 巻 6 号 p. 826-830

詳細
抄録

目的:近年病院前救護活動や災害時における情報伝達手段として様々な無線機器が存在する。各機器にはそれぞれ特徴があり,導入費用にも差が見られる。我々は近年普及が進んできたIP 無線を始めに各種無線機器を試用し,その特徴を生かした情報伝達手段構築について考察した。方法:当院のドクターカー活動に各種無線機を試用し,通信距離を比較した。さらに医療従事者が使用可能な無線機を調査しその特徴について比較検討した。結果:IP 無線はこれまで災害に強いと言われているMCA 無線と比較して遜色のない通信性能であった。また業務用無線やMCA 無線では通信距離を長くするために設備拡張などの追加費用が必要で資格や免許申請などの手続きも必要であった。考察:無線による情報伝達手段を考える際,活動範囲を考えた上で機器を検討する必要がある。比較的小規模な活動から災害時における広範囲での活動を考えた場合,IP 無線は有効なツールになり得る。

著者関連情報
© 2013 日本臨床救急医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top