日本臨床救急医学会雑誌
Online ISSN : 2187-9001
Print ISSN : 1345-0581
調査・報告
小笠原諸島の緊急航空機搬送の現状と課題
城川 雅光笠井 あすか
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 17 巻 3 号 p. 461-467

詳細
抄録

2004年度から2012年度の小笠原諸島の急患搬送記録を調査し,現状と課題を検討した。搬送例は合計266例であった。搬送患者の特徴は,外傷,脳血管障害,虫垂炎など手術やICU管理を要する症例が多かった。搬送時間は,全島平均で9時間34分と長時間を要する。一方,空港のある硫黄島からの患者搬送は,地理的に遠いにも関わらず,父島と母島の平均搬送時間と比較して45分程度短い。また搬送要請の過程で,結核患者の搬送が問題となっていた。空港建設が進まない現状で搬送時間短縮に有効な手段の一つとして,航続距離,巡航速度,着陸場所の条件を満たすティルトローター機の就航が考えられる。感染症患者搬送については,病原体や利用する航空機を問わず安全性を確保する上で,簡易アイソレーターの搭載が有効であろうと考える。しかし航空機搭載基準を満たしている製品は,国内で取扱い中止となっており,既存の製品で運用試験を行うことが課題である。

著者関連情報
© 2014 日本臨床救急医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top