日本臨床救急医学会雑誌
Online ISSN : 2187-9001
Print ISSN : 1345-0581
症例報告
眠気予防薬の多量服用によるカフェイン中毒の2例
北村 淳宮部 浩道植西 憲達加納 秀記平川 昭彦原 克子小宮山 豊山中 克郎武山 直志
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 17 巻 5 号 p. 711-715

詳細
抄録

致死量の眠気予防薬を服用した急性カフェイン中毒の2 例を経験した。症例1:20代の男性。市販の眠気予防薬を大量内服(無水カフェイン計8g)した。入院後,鎮静薬投与下においてもカフェインの作用による興奮が強く,入院2日目まで痙攣を認めた。第20病日に退院となった。症例2:30代の男性。市販の眠気予防薬を大量内服(無水カフェイン計14g)した。入院後ただちに,血液吸着および血液透析を施行した。人工呼吸管理中に興奮や痙攣などを認めず,第11病日に退院となった。両症例のカフェインおよびカフェイン代謝産物の血中濃度を経時的に測定したところ,血液吸着および血液透析後に明らかな減少を認めた。臨床所見も考慮すると,血液浄化法の早期導入がカフェイン中毒に奏功したと考えられた。致死量を内服した急性カフェイン中毒には,血液吸着に血液透析を併用した迅速な血液浄化法も有効な治療手段の一つであると考えられた。

著者関連情報
© 2014 日本臨床救急医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top