魚病研究
Online ISSN : 1881-7335
Print ISSN : 0388-788X
ISSN-L : 0388-788X
クルマエビから検出された病原性桿状ウイルス
高橋 幸則伊丹 利明近藤 昌和前田 稔藤井 玲子友永 進Kidchakan SupamattayaSitdhi Boonyaratpalin
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 29 巻 2 号 p. 121-125

詳細
抄録

 1993年春から, 日本各地の養殖クルマエビが甲皮の白斑形成, リンパ様器官の肥大あるいは萎縮などの症状を伴なって斃死した. 斃死エビのリンパ様器官から調製した無菌ろ液を健康なクルマエビに接種したところ, 自然感染エビと同様の症状を呈して斃死した. 自然感染および人為感染によって斃死したエビのリンパ様器官から, エンベロープを持ち, 長さが 275nm で径が 83nm の桿状のウイルス粒子が発見されたことから, 本疾病はこの桿状のウイルスに起因するものであることが判明した.

著者関連情報
© 日本魚病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top