日本消化器がん検診学会雑誌
Online ISSN : 2185-1190
Print ISSN : 1880-7666
ISSN-L : 1880-7666
原著
岡山県胃がんX線検診におけるH. pylori感染胃炎を考慮した胃がんリスク群拾い上げの試み
中島 明久鎌田 智有板野 晃子井上 裕加里土本 明葉木村 貴之黒瀬 昭良木科 雅也門内 弘英山神 涼一村尾 高久藤田 穣松本 啓志眞部 紀明楠 裕明井上 和彦春間 賢
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 52 巻 6 号 p. 693-704

詳細
抄録

岡山県健康づくり財団では平成23年度から胃X線による胃がん検診において胃X線所見によるHelicobacter pylori(H. pylori)感染を考慮した背景胃粘膜の分類を取り入れ, 胃がんリスク群拾い上げの試みを行っている。平成23年度の地域胃がん検診受診者15,323名を胃X線所見からその背景胃粘膜を正常(N), 萎縮性胃炎(AG), 皺襞肥大型胃炎(HG)の3群に分類した。その割合はN群70.3%, AG群28.0%, HG群1.7%であった。各群の胃がん発見率はN群0%, AG群0.42%, HG群1.98%であり, AG群およびHG群は共にN群に比べて有意に高いがん発見率であった(p<0.01)。また, 陽性反応的中度もAG群5.5%, HG群3.9%と高値を示した。胃X線検診による対策型胃がん検診において, 胃X線所見によるH. pylori感染胃炎を考慮した胃がんリスク群の拾い上げは胃がん発見に寄与すると考えられた。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本消化器がん検診学会
前の記事 次の記事
feedback
Top