日本医療・病院管理学会誌
Online ISSN : 2185-422X
Print ISSN : 1882-594X
ISSN-L : 1882-594X
研究資料
医師・薬剤師・看護師による褥瘡チーム医療の経済的側面に関する考察
古田 勝経溝神 文博宮川 哲也森川 拓永田 治永田 実福澤 悦子油座 マミ櫻井 淳二庄司 理恵藤井 聡
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 50 巻 3 号 p. 199-207

詳細
抄録

褥瘡は寝たきり高齢者に多い慢性創傷であり,難治であり医療費や患者の生活の質に影響を与える。チーム医療で治療を行うことが治癒促進につながるが薬剤師の積極的な関与が少なく本来のチーム医療の有用性は示されていない。そこで,本研究では,薬剤師の積極的関与のある褥瘡チーム医療治療群と褥瘡ハイリスクケア加算群とで,褥瘡治癒に関する費用対効果を検討した。患者数は(褥瘡チーム医療治療群 / ハイリスクケア加算群) 295名/80名,DESIGN点数の減少を用いた費用対効果の比較では総費用(円/点) 6,709 / 24,549で,褥瘡チーム医療治療群はハイリスクケア加算群に比べ約4分の1におさえられていた(p<0.001)。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本医療・病院管理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top