日本応用数理学会論文誌
Online ISSN : 2424-0982
非格子点関数値を要する有限差分近似(理論,<特集>科学技術計算と数値解析研究部会)
田端 正久野津 裕史
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 22 巻 3 号 p. 171-179

詳細
抄録

通常の有限差分法では格子点での関数値を用いて差分近似式が構成されるが,ここでは,非格子点の値を必要とする差分近似を考察する.このような近似は,例えば,流れ問題で物質微分項を特性曲線法に基づいて差分近似するときに現れる.補間作用素を用いて非格子点での値を求め,その打切り誤差を評価する.

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本応用数理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top