農業農村工学会論文集
Online ISSN : 1884-7242
Print ISSN : 1882-2789
ISSN-L : 1882-2789
研究論文
夜間掛流し灌漑が出穂後20日間の平均水温・地温および米の外観品質に与える影響
西田 和弘塚口 直史二宮 悠樹宇尾 卓也吉田 修一郎塩沢 昌
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 86 巻 1 号 p. I_105-I_115

詳細
抄録

石川県白山市の実際の水田を用いた掛流し灌漑試験により,夜間掛流し灌漑が,出穂後20日間の水田の平均水温・地温,および,米の外観品質に与える影響を調べた.結果,出穂後20日間の平均水温は,総灌漑水量が986mm,782mmの灌漑(1回あたりの灌漑水量123mm,78mm)で,それぞれ,水口で2.3℃,2.2℃,水田中央で2.2℃,0.8℃,平均気温と比べて低温となり,水尻では平均気温とほぼ同じであった.しかし,後者の灌漑条件では,水田中央までは慣行の水管理と比べて水温は低温となったが,それより遠方では高温となった.出穂後20日間の表層(深さ10cmまで)の平均地温は,平均水温とほぼ同じであり,深さによる違いはほとんど見られなかった.また,白未熟粒の割合は,高温年では掛流し灌漑によって慣行の水管理下の水田よりも減少したが,低温年では減少しなかった.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top