日本栄養・食糧学会誌
論壇 <進化の視点からアミノ酸栄養を考える>
アミノ酸とゲノム遺伝子の変容
高畑 尚之颯田 葉子
著者情報
ジャーナル フリー

60 巻 (2007) 3 号 p. 131-135

詳細
PDFをダウンロード (382K) 発行機関連絡先
抄録

アミノ酸の合成や代謝に関与する遺伝子は, 生物の食性や生息環境を反映して進化というより退化してきた。動物における必須アミノ酸の種特異性は小さく, 基本的なセットは動物の起源とともに決定されたと思われる。必須アミノ酸の出現は, 環境との関係で冗長となった遺伝子が退化した結果である。遺伝子退化の好例として, 宿主 (アリマキ) と共生細菌 (ブフネラ) の間にみられる相補的な必須アミノ酸の関係を概観する。また, 神経伝達物質や味覚刺激としてのアミノ酸に関わる酵素や受容体分子の進化学的特徴を述べ, ヒトの進化との関わりを論じる。

著者関連情報
© 2007 公益社団法人 日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top