日本栄養・食糧学会誌
Online ISSN : 1883-2849
Print ISSN : 0287-3516
報文
高脂肪食給与マウスにおける新野菜プチヴェールの抗肥満作用
西田 浩志栗山 由加川上 賀代子武井 裕輔千葉 貴裕増田 秀美風間 克寿大塚 彰佐藤 眞治小西 徹也
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 64 巻 3 号 p. 169-175

詳細
抄録

芽キャベツとケールの交配から生まれた新しい野菜であるプチヴェールはカルシウムなどをはじめとしたミネラルやビタミン・βカロテンなどの栄養素に富んだ野菜であることから, その機能性に関する研究成果が待たれている。本研究では高脂肪・高ショ糖・高コレステロールの肥満誘導食 (ウエスタン飼料) を与えたマウスに対してプチヴェールがどのような影響を及ぼすかを検討した。通常食群 (CT), 通常食+5%プチヴェール群 (PV), ウエスタン飼料群 (W), ウエスタン飼料+5%プチヴェール群 (WPV) の4群を設定した。ウエスタン飼料給餌による体重および内臓脂肪重量の増加をプチヴェールが抑制した。トリグリセリド (TG) およびコレステロール値を測定したところ, 血中および肝臓ではプチヴェールの明確な作用が確認されなかったものの, 糞中への排泄量をプチヴェールが有意に促進することが分かった。また, ウエスタン飼料による肝臓中の脂肪酸合成酵素 (FAS) の活性上昇をプチヴェールが抑制することも明らかになった。 プチヴェールは脂肪酸代謝や糞中への脂質排泄を制御することでマウスの肥満を抑制することが示唆された。

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 日本栄養・食糧学会
前の記事
feedback
Top