栄養と食糧
Online ISSN : 1883-8863
ISSN-L : 0021-5376
シイタケの香気成分, レンチオニンに関する研究 (第2報)
レンチオニンの食品への利用
和田 正三中谷 弘実戸田 準芳谷 道男
著者情報
ジャーナル フリー

1968 年 20 巻 5 号 p. 360-362

詳細
抄録

シイタケの香気成分, レンチオニンについて, その匂いの性質, 閾値, 食品への利用を検討し次の結果を得た。
1) レンチオニンの匂いからシイタケを連想することができる。
2) レンチオニンの閾値は水溶液中で, 0.25~0.53ppm, 植物油中で12.5~25ppmである。
3) 実際の食品へは1~20ppmの添加で, 食品ヘシイタケフレーバーを付与することができる。

著者関連情報
© 社団法人日本栄養・食糧学会
前の記事 次の記事
feedback
Top