知能と情報
Online ISSN : 1881-7203
Print ISSN : 1347-7986
原著論文
会話における参与役割志向態度に基づく順番交替分析
-人の「話したい」「聞きたい」態度が次話者を決定する仕組み-
徳永 弘子武川 直樹寺井 仁湯浅 将英大和 淳司
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 25 巻 5 号 p. 889-900

詳細
抄録

本研究では,3人の会話において,話者が次々と交替する順番交替の仕組みを,参与者らが表出する態度とその解釈から明らかにする.これまでの順番交替の研究は,現話者と次話者との間に交わされる発話や視線の方向など直接観測可能な情報を対象に分析されてきた.それに対し本稿では,参与者の視線や表情,しぐさは自己の内部状態が表出された態度であると捉え,態度の表出と順番交替の関係を明らかにする.そのため,順番交替の直前に表出される「話したい」「聞きたい」などの態度を評定し,続いて,次に自分が「話し手になる」「聞き手になる」役割志向態度と順番交替の関係を定量的に分析する.さらに,役割志向態度による順番交替のプロセスを事例分析する.結果,聞き手の役割を志向した参与者が次話者になる場合があるなど,表出された態度が参与者相互に解釈理解されて,場に適した順番交替が選択されていることが示唆された.この分析の結果は,コミュニケーションの構造が視線や仕草など,観測される個々の行動だけからではなく,それらを統合して解釈される態度によって検討されることが必要であることを示唆するものである.

著者関連情報
© 2013 日本知能情報ファジィ学会
前の記事
feedback
Top