日本静脈経腸栄養学会雑誌
Online ISSN : 2189-017x
Print ISSN : 2189-0161
症例報告
周術期栄養管理を行った蛋白漏出性残胃癌の1例
関 仁誌小池 泰子鈴木 政哉春原 ゆかり馬島 園子小林 香町田 典子鈴木 英二小松 千紘小林 宏正
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 30 巻 2 号 p. 709-711

詳細
抄録

症例は70歳の女性で幽門側胃切除後,経過観察中に下腿浮腫,低蛋白血症を指摘された.上部消化管内視鏡検査で残胃に約60mmの分葉状に隆起する1型腫瘍を認め,99mTc標識ヒト血清アルブミンシンチグラフィにて腫瘍からの蛋白漏出が確認されたため,蛋白漏出性残胃癌と診断した.残胃に発生した蛋白漏出性胃癌は,検索した限り報告例がなく,極めてまれであった.栄養状態の改善を目的に術前から NSTが介入し栄養管理を行った.術前は,栄養調整食品を用いた経口栄養と中心静脈栄養を併用した.残胃全摘術,膵体尾部,脾臓合併切除術を施行し上部小腸に栄養チューブを留置した.残胃には表層の多くを壊死物質に覆われた分葉状に隆起する大型の病変がみられ,病理組織学検査では病変部の表層を中心に多くの部分に凝固壊死を認め,出血や,好中球,リンパ球などの炎症細胞浸潤が目立っていた.術後は早期経腸栄養療法を行った.術後経過は良好で,低蛋白血症,下腿浮腫は速やかに改善した.周術期栄養管理が有効であった蛋白漏出性残胃癌の1例を経験したので,若干の文献的考察を加え報告する.

著者関連情報
© 2015 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事
feedback
Top