日本静脈経腸栄養学会雑誌
Online ISSN : 2189-017x
Print ISSN : 2189-0161
施設近況報告
栄養科における経腸栄養投与ボトルの一括管理に関連した下痢抑制に対する効果
畑 五月池永 誠髙田 哲秀宮永 美佐子宮原 陽子野本 亜希子鰐渕 康一郎渡邉 大樹桒原 慶太植松 崇之
著者情報
ジャーナル フリー

32 巻 (2017) 3 号 p. 1195-1198

詳細
PDFをダウンロード (480K) 発行機関連絡先
抄録

当院では、感染制御とリスクマネジメントの観点から、開院当初より経腸栄養剤の調製・分注を含めた管理を栄養科が行ってきた。これに加え、2013年に発生したClostridium difficile関連下痢症の病棟内感染を契機に、経腸栄養投与ボトルの洗浄、経腸栄養剤の調製および分注を含めた一括管理を栄養科で行っている。ボトル一括管理実施前1年間と管理実施後1年間において、経腸栄養剤投与患者の排便状況を比較したところ、下痢患者数が有意に減少した。この結果には、栄養科でのボトル一括管理の実施による経腸栄養投与ボトルの衛生状態の改善や、医療スタッフと共同でマニュアルを作成するなどの取り組みにより、排便管理に対する医療スタッフの意識が変化したことなどの要因が寄与したものと考えられる。

著者関連情報
© 2017 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
前身誌

静脈経腸栄養

feedback
Top