日本小児血液・がん学会雑誌
Online ISSN : 2189-5384
Print ISSN : 2187-011X
ISSN-L : 2187-011X
症例報告
ヒトパルボウイルスB19感染により点状出血性発疹を伴う無形成発作を起こした遺伝性球状赤血球症の9歳男児例
青柳 憲幸
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 56 巻 2 号 p. 234-237

詳細
抄録

ヒトパルボウイルスB19(PVB19)感染の臨床症状としては伝染性紅斑や,慢性溶血性貧血患者における無形成発作,非免疫性胎児水腫などが知られている.近年,PVB19感染に関連して,通常の発疹とは異なる点状出血性/紫斑性発疹がみられることがわかってきた.今回,躯幹中心に点状出血性発疹を認め,無形成発作を合併した遺伝性球状赤血球症(HS)の9歳男児というまれな症例を経験したので報告する.このような発疹に注目することが,慢性溶血性疾患の患者における無形成発作の早期診断につながると思われた.なお,本例では第6病週に伝染性紅斑としての発疹が認められた.

著者関連情報
© 2019 日本小児血液・がん学会
前の記事 次の記事
feedback
Top