Palliative Care Research
短報
Good Death Scale(GDS)日本語版訳の作成と言語的妥当性の検討
児玉 麻衣子小林 美貴片山 寛次田辺 公一森田 達也
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 4 号 p. 311-316

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1971K) 発行機関連絡先
抄録

医療者による緩和ケアの質評価尺度のうち,アウトカムの評価尺度としてGood Death Scale(以下,GDS)があり,その信頼性と妥当性が確認されている.本研究の目的は,言語的に妥当な翻訳版を作成する際に標準的に用いられる手順に従い,GDS日本語版(以下,GDS-J)を作成することである.順翻訳においてGDSの問3. Has the patient arranged everything according to his/her own will? の“will”の日本語訳と,その日本語訳「意思」の逆翻訳に意見の相違が見られた.研究チームで言語として原版と同等であると言語的妥当性を検討し,最終的には原版の開発者に承認を得てGDS-Jの確定とした.医療者による緩和ケアの質評価尺度であるGDS-Jを使用することで,自身の行う緩和ケアの質が評価可能となり,より質の高い緩和ケアの提供に役立つことが期待される.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top