Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
短報
緩和ケアチームが介入した一般病棟入院中の終末期がん患者に対する鎮静についての後方視的カルテ調査
金村 誠哲橋本 典夫藤原 和子原武 麻里岩井 真里絵小島 一晃岸本 寛史
著者情報
キーワード: 鎮静, がん, 鎮静の話し合い
ジャーナル フリー HTML

2017 年 12 巻 4 号 p. 317-320

詳細
抄録

鎮静は症状緩和の方法として広く行われているが,一般病棟での鎮静の実態を多職種による話し合いの施行率を含め包括的に調査した報告は少ない.本研究の目的は当院一般病棟で緩和ケアチーム(palliative care team: PCT)が介入した患者の鎮静の実態を後方視的に調査することである.2012年8月〜2015年10月まで当院においてPCTが介入を開始した一般病棟入院中の終末期がん患者938例のうち2015年11月末時点で,246名が一般病棟で死亡し終末期に鎮静が行われたのは28名(11.4%)で,鎮静開始から死亡までの期間は4.1±3.1日,原疾患は肺がん,対象となった症状は呼吸困難が最も多く,用いられた薬剤は全例ミダゾラムであった.平日はPCTが毎日患者を回診し,多職種による鎮静の話し合いも全例行い鎮静を行うことができていた.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top