Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
Intensive Care Unit版Quality of Dying and Death (ICU-QODD) 看護師評価用日本語版の作成に関する研究
木下 里美宮下 光令佐藤 一樹
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 13 巻 1 号 p. 121-128

詳細
抄録

米国のIntensive Care Unit版Quality of Dying and Death(ICU-QODD)医療者版の終末期における患者の体験に関する評価15項目から,ICU-QODD看護師評価用の日本語版を作成し,総合評価として使用可能かを検討した.尺度の因子妥当性と内的一貫性の確認のための調査は1372名,再調査信頼性の確認のための調査は39名のICU看護師から回答を得た.探索的因子分析の結果,6項目2ドメインとして確定し,「身体症状」,「尊厳」と命名した.Cronbachʼs α係数は,「身体症状」が0.89,「尊厳」が0.75であった.級内相関係数は,「身体症状」が0.62,「尊厳」が0.72であった.因子妥当性,内的一貫性,再調査信頼性のある尺度であることが確認できた.15項目のうち6項目が総合評価として使用可能であることが示唆された.

著者関連情報
© 2018日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top